HOME > ブログ -Blog- > アーカイブ > 2020年5月

ブログ -Blog- 2020年5月

おかげさまで6周年♪

こんにちは、いよいよ週明けには緊急事態宣言も解除の方向で動いてくれているようですね!
これも、自粛を頑張った皆さんと、最前線で頑張ってくださっている方たちのおかげです。
ありがとうございます。

自粛自粛の2ヶ月でしたが、予防の効果もあってか、普通の風邪を引くこともなく、元気に過ごすことができました。
そして、本日、緊急事態宣言解除直前の本日、akashaは6周年を迎えることができました。

このコロナ禍でもなんとかやってこられたのも、お客様お一人お一人のおかげです。
改めて御礼を申し上げます。

コロナ禍は自粛しつつの営業で、恥ずかしながら時間は結構余っていたので(笑)星占いの勉強をしてみたり、絵の練習をしてみたり(アマビエチャレンジ)しながら、未来に向けたスキルアップの期間として捉えていました。

まだ、お客様へ提供できるレベルではありませんが、おいおいカウンセリングにも活かして参りたいと思っていますので、お楽しみに♪
他にも、お客様への新しい取り組みなども企画中ですので、7年目のakashaも今まで以上に楽しんでいただけると嬉しいです。

間も無く緊急事態は解除されますが、引き続き予防対策なども抜かりなく気をつけて参りましょう。
IMG_8557.jpg
↑お仲間からいただいたお祝いのプレゼント♪ 嬉しい

緊急小口資金特別貸付

こんにちは。緊急事態宣言の影響がじわじわと、しかし確実に出てきているちょっとピンチな小柴です(汗

先日、日本政策金融公庫の新型コロナウィルスに関わる事業資金向けの資金融資の申し込みをしてきましたが、
今回は、生活費むけの緊急小口資金貸付に申し込んでみました。

どなたかの参考になれたら嬉しいです。

IMG_7415.jpg IMG_7416.jpg

急小口資金貸付は、社会福祉協議会が行なっている生活資金向けの融資制度で、上記の通り、20万円を上限に借り入れを申請することができます。
これ、無利息なんです。助かります。

そして、緊急小口資金だけでは、どうにもならない人には、
総合支援資金という制度もあります。
こちらも複数人世帯であれば、上限が20万円。期間が長引けば、3ヶ月分借り入れをすることができます。

つまり、上記二つの制度を合わせると、最悪の場合ですが、最大80万円を借り入れることがでします。
そして、この制度の注目すべきところは、償還時(お金を返すとき)に住民税非課税世帯など、まだまだピンチが続いている世帯は、償還を免除することができる予定というのです。

長引いて、本当にやばかったら、返さなくていいということです。

借りたものは、返す。これ、当たり前。

当たり前なんですが、いつまで続くともしれないコロナ禍で、万が一の時に、いただけるかもしれないというのは、本当に助かります。

というわけで、念の為、借り入れの申請をしておきます。


ね、念の為ですよ!ちゃんと返すつもりですからね!!

というわけで
市役所の窓口で
・印鑑証明
・住民票
を受け取ってきました。

そして、電話の申し込みをしたので、申請書が届くのを待ちます。
届いたら
・記入して
・実印押して
・印鑑証明
・住民票
・収入が減ったこと証明する資料
・振込先の通帳のコピー
・免許証のコピー
を封筒に入れて、送り返す。

これで、申請はできるはず。

こんな手順で利用できる制度なようなので、もし、
・小柴と同じような状況の方
・失業してしまった方
・収入が減ってしまった方
は利用してみてもいいかもしれませんね。


早く、本当に安心して過ごせる日々がきますように。


1

« 2020年4月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ